気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

建物の中のお墓でもある納骨堂は、墓石を建てることがないために手頃な価格から利用ができるというメリットがあります。
さらに、お墓参りをするにも室内でバリアフリーの施設も多いなど足元が良いので、足腰が悪い高齢のおじいちゃん、おばあちゃんや小さな子供連れでも家族そろって安全に行くことができます。
また、生活圏内の近い場所にもたくさんあるので利便性も良く、夏の盆や春夏の彼岸、故人の命日や誕生日にも気軽にお墓参りに行くことができます。
今日ではさまざまな形の納骨堂があり、遺品もそばに置くことができる施設もあります。

納骨堂は遺品や位牌は入れられる?

納骨堂は遺品や位牌は入れられる? 納骨堂で主流とも言えるのが、ロッカー式と呼ばれるタイプです。
駅前によくあるコインロッカーのような形をした設備に遺骨を入れることになるのですが、カギを開けてから引き出し式で中の物を手前に出すことができるという形になっています。
他にも、ワンランク上の納骨堂のタイプとして仏壇式があります。
仏壇のように上段にはお花や遺影、遺品や位牌などを置く場所があるので、故人が生前に使用していた眼鏡や指輪などもそばに置いてあげることができます。
下段は外から見えないように扉が付いており、ここに遺骨やちょっとしたものを収納することができます。
ロッカー式のように上下の段に他の人のお墓があるわけではなく、広々と使用することができるタイプです。

納骨堂のお参り方法とマナーについて

納骨堂のお参り方法とマナーについて 納骨堂のお参りの方法は、一般的にはお墓にお参りをする時と同じで構いませんが、納骨堂のお参りでは最低限次のようなマナーを守ることが重要です。
まず服装に関しては細かな決まりはありませんが、派手すぎて周囲から浮いてしまうような服装は控えるようにし、目立ちすぎないようにすることが大切です。
次にお花をお供えする場合は、生花を供えることが禁止されていることが多く、造花のみお供えが認められているケースが多いです。
同じようにろうそくや線香に関しても持ち込んで火をつけることが禁止されているところが多いので注意が必要です。
これらのルールについてはあらかじめ納骨堂に問い合わせて確認しておくようにしましょう。
また、購入者は宗派に関係なく利用することが出来るところが多いので、来ている方の中には宗派が異なる人がいる可能性もあります。
そのため、お題目が異なる宗派の人がいることも考えて、お経を読もうとする時には周囲に配慮をすることも重要なマナーの一つです。
なお、それぞれの納骨堂が定めているルールや規則については購入を検討する段階からその詳細をよく確認しておくことも購入後に後悔しないようにするために大切なポイントです。

おすすめ納骨堂関連リンク

最新設備の整った、屋内で安心の納骨堂です。

納骨堂 大阪

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 墓」
に関連するツイート
Twitter

今日はおじいちゃんの納骨日です! 三重県津のおまで家族でドライブです😄 天気がいいし日曜日だからたくさんのライダーさんを見かけます! みなさんお出かけ日和ですが安全運転で楽しい一日にしましょうっ🏍🚙

今日は昨年末に亡くなった祖母の納骨日(雪解けでないと納骨できないため) 全部おに入れる予定なんだけど、4ヶ月も一緒にいたから不思議な気分(。-_-。)

Twitter通販してる特攻野郎星霜㌠@ikuseisou02

返信 リツイート 8:38

返信先:@unlucky_motel 納骨してしばらくするとフィールドに特殊召喚される主(おい

宝寿)私が幼い時に住んでた近所にお寺が有りました。私はおに行ったり、納骨に行っては亡くなっている人と話しをしていました。夜まで話しをしては帰っていました。 #占い

Twitter宝寿(ほうじゅ)@hoojyu__

返信 リツイート 5:51

千鳥ヶ淵は、誰だか判別のしようもない大量の収集遺骨の納骨堂なので、無名戦士のとは少し性質が違うと思う。

Twitterびばのん/馬鹿家元@kawaviva

返信 リツイート 5:18

私が最初に写真を見て感じたのが、その暗さです。 照明という意味でもそうですが、小さな明かりに囲まれる顔写真からは、納骨堂のような冷たさを感じました。

Twitterめぐりむ@本読みたい@megrim_g

返信 リツイート 5:16

運転していたのは父だったけど、何せ土地勘があるのは祖母と母だけなので、ひたすらその指示に従って車を走らせる。着いたのは寺も塀もない、ただ野原の中に石が並んでいるところでした。火葬場で納骨したときの絵は覚えているけど、に来た記憶はちょっとない。

Twitter生きてるだけで100優上!@mrn999_me

返信 リツイート 1:32

私はもう自分の家のは相続しないのと死んでそこには納骨しない意思をはっきり言っているので自分が永代供養のにでもしようかと思っている。

カード式の納骨堂って味気ないと思って考えていなかったんだけど、お参りに行く側としてはジメジメした暗いおのイメージがない分、心が穏やかでいられるような気がしてきた。天候に左右されないし、高齢になった時、受付の人との何気ない会話も有り難いかも?と思ったり…

返信先:@buutatokobunn うちは両親夏でした夏でした😵お葬式は冷房効いてたけど、納骨の時のおでのお経が長くて足が火傷するかと思いました。夏は本当に大変😱