気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

建物の中のお墓でもある納骨堂は、墓石を建てることがないために手頃な価格から利用ができるというメリットがあります。
さらに、お墓参りをするにも室内でバリアフリーの施設も多いなど足元が良いので、足腰が悪い高齢のおじいちゃん、おばあちゃんや小さな子供連れでも家族そろって安全に行くことができます。
また、生活圏内の近い場所にもたくさんあるので利便性も良く、夏の盆や春夏の彼岸、故人の命日や誕生日にも気軽にお墓参りに行くことができます。
今日ではさまざまな形の納骨堂があり、遺品もそばに置くことができる施設もあります。

納骨堂は遺品や位牌は入れられる?

納骨堂は遺品や位牌は入れられる? 納骨堂で主流とも言えるのが、ロッカー式と呼ばれるタイプです。
駅前によくあるコインロッカーのような形をした設備に遺骨を入れることになるのですが、カギを開けてから引き出し式で中の物を手前に出すことができるという形になっています。
他にも、ワンランク上の納骨堂のタイプとして仏壇式があります。
仏壇のように上段にはお花や遺影、遺品や位牌などを置く場所があるので、故人が生前に使用していた眼鏡や指輪などもそばに置いてあげることができます。
下段は外から見えないように扉が付いており、ここに遺骨やちょっとしたものを収納することができます。
ロッカー式のように上下の段に他の人のお墓があるわけではなく、広々と使用することができるタイプです。

納骨堂のお参り方法とマナーについて

納骨堂のお参り方法とマナーについて 納骨堂のお参りの方法は、一般的にはお墓にお参りをする時と同じで構いませんが、納骨堂のお参りでは最低限次のようなマナーを守ることが重要です。
まず服装に関しては細かな決まりはありませんが、派手すぎて周囲から浮いてしまうような服装は控えるようにし、目立ちすぎないようにすることが大切です。
次にお花をお供えする場合は、生花を供えることが禁止されていることが多く、造花のみお供えが認められているケースが多いです。
同じようにろうそくや線香に関しても持ち込んで火をつけることが禁止されているところが多いので注意が必要です。
これらのルールについてはあらかじめ納骨堂に問い合わせて確認しておくようにしましょう。
また、購入者は宗派に関係なく利用することが出来るところが多いので、来ている方の中には宗派が異なる人がいる可能性もあります。
そのため、お題目が異なる宗派の人がいることも考えて、お経を読もうとする時には周囲に配慮をすることも重要なマナーの一つです。
なお、それぞれの納骨堂が定めているルールや規則については購入を検討する段階からその詳細をよく確認しておくことも購入後に後悔しないようにするために大切なポイントです。

おすすめ納骨堂関連リンク

最新設備の整った、屋内で安心の納骨堂です。

納骨堂 大阪

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 墓」
に関連するツイート
Twitter

宝寿)私が幼い時に住んでた近所にお寺が有りました。私はおに行ったり、納骨に行っては亡くなっている人と話しをしていました。夜まで話しをしては帰っていました。 #占い

Twitter宝寿(ほうじゅ)@hoojyu__

返信 リツイート 8分前

参りして、1年4ヶ月前に永眠した愛猫ちゃんをペット用の合同のお納骨してきました。わが家のお彼岸。

お彼岸でお参りっていっても納骨堂なんだけど、行く途中我が家では年に1回お参りの時しか食べない天丼屋さんの天丼たべたのよ、次はいつ食べれるかわからないから絶対に食べたかった欲に負けてたべたら案の定具合悪くなった(具合悪くなったのは本人の自業自得で天丼屋は一切無関係です)

Twitter縲那@ファラオお迎え月間@runatea

返信 リツイート 14:47

返信先:@Fukadamoe 都市部では街のど真ん中に寺院があったりする。地価の高い敷地を地として提供するのは費用対効果が悪い。だから一定期間は納骨堂を提供して、期間が過ぎたら合祀納骨堂(合葬)に移す。無縁仏と言うと印象が悪いけど。そういうことです。

ツイートとは右上にあるこれからかな? 今日は車でお参りに行ってきたが車は暑かった、もう雪がほとんど無くなり車道は埃っぽい。 納骨堂ではお彼岸にはまだ早いと見えてガラガラだった。 明日は何かと忙しくて行けないので今日にしてよかった。 pic.twitter.com/0jepEgxaU6

返信先:@chonan_yome他2人 他にも檀家には、色々お布施があってさー。 仏壇にも納骨堂にも両方お供えしなきゃならないし、本当面倒😓 おも草むりしとか大変そうなイメージだけど。

個人的に参りは天気の鬼門・・・ おじさんの納骨の時はまさに3月の今頃行って吹雪・・・ 祖父の時は帰りに後ろから大雨警報が迫ってくるなか帰ったり

Twitteryuko@節約生活開始@reiko_oz

返信 リツイート 10:22

返信先:@carnevale0104 今後死ぬ分には、今なら納骨堂なり集合なりで省スペース化・管理の外注化が図られてて最終的に電子化の流れに乗ってくれる希望の未来はあるけれども、問題は既に立っちゃってるお(というか地目が地の土地)なんだよなぁ。おの引越し含めて、簡単には地目変更出来ないだろうし。

TwitterKOBA@田舎をハッキングする男@KOBA5884

返信 リツイート 10:15

昨日は父と母方の祖父母のお2ヶ所に要介護5の母連れて彼岸参り行ってきた。昨年は30cm位雪残ってた父の地…家から車で13分の山奧、今年は全く雪無く前まで母と行けて良かった。昨年同時期は地探しの頃、他界1年3ヶ月後8月に納骨。祖父母のは建22年…正反対の地で車で30分。母頑張ったよ。 pic.twitter.com/EmzH3ORJa4

Twitternaga-P🌟ながぴー。@認知症要介護5母介護🌵💜🍄@nagaPchan

返信 リツイート 9:54

今都会では高齢者の他界は進んでいるがおを建てる人が激減している。特に寺院地は人気が薄い。おのある家はそちらを利用するがあとの残りの家はどうするのだろう。納骨堂か自然葬か。もう作らず家に保管するのか? toyostone.co.jp

Twitter株式会社 東洋石材@toyostone

返信 リツイート 9:45