気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

納骨堂選びは自分の目で確かめることが大切!

納骨堂選びは自分の目で確かめることが大切!

納骨堂選びは自分の目で確かめることが大切です。
そのため生前からどのような形式の納骨堂が自分の好みであるか、ライフスタイルにあっているかを調べておくと良いでしょう。
納骨堂とは、骨壺に入れたご遺骨を安置しておく場所や建物の事で、ロッカー式や棚式、仏壇式や御墓式など種類も多くあります。
運営形態も寺院や公営、民営の三種類があり、それによって値段や上記の形式が変わってきますので、好みの場所やお考えに合った経営をしているところが見つかった場合は実際に出向いて、自分の目で確認してみることをお薦めします。
パンフレットやホームページでみたものと実際に行ってみた感じが違う場合もありますので、住宅を選ぶときのように、きちんと目で確認することが大切です。
実際みてみたら思っていたよりも環境がよく気持ちの良い場所であったなどという事もあります。
また、運営会社の方や御住職などとお話しをしておくのもより安心感が増しますのでお薦めです。

通常のお墓と納骨堂との違いとは?

通常のお墓と納骨堂との違いとは? お墓と納骨堂のうち一般に知られているのはお墓のほうです。
その大きな理由は、お墓参りという慣習があることですが、そのほかにもいろいろな機会があり見聞きしているからです。
また、そのような経験から、お墓には遺骨が入っていることは知られています。
それに対して納骨堂の名前を知っている人は少ないのが実際のところです。
しかし、名前から想像できるように納骨堂も遺骨を安置するための施設です。
そうなりますと両者には違いがないように思えますが、重要な点で違いがあります。
まず挙げられるのは費用です。
お墓を建立するには墓石代やその工事費用、永代使用料、維持管理費などが必要になります。
そして、その金額は決して安くない金額です。
一例を紹介しますと、お墓が150万円~300万円前後であるのに対して、納骨堂は50万円からあります。
また、そのほかの大きな違いを紹介するなら、お墓参りのやり方です。
前者は通常のお墓参りができますが、後者の場合は線香をたいて花を手向けるなどといったことができないことがデメリットと言えます。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 お墓」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@GAAAysgMMME お墓じゃなくてもペット霊園に納骨所とかないですかね?!うちはそこにいれてます。いつでも会えるし、いつでもおうちに帰ってこられますよ!側に置いておきたい気持ちもすごくわかります……骨になっても愛しいですもん!!!

Twitter sinumade_happy 𓆗しこしこマイマイ属𓆗

返信 リツイート 昨日 23:44

syukatsulabo.jp/article/5720">syukatsulabo.jp/article/5720 スタッフ一員のktです。先にご紹介した「終活ねっと」での納骨堂に関する記事です。従来のお墓と違う形の納骨堂を検討する時の参考になるのではないでしょうか。 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?|終活ねっと syukatsulabo.jp/article/5720">syukatsulabo.jp/article/5720

全国のライオンズファンの皆様、今日7/18(水)の北海道新聞夕刊の記事です。2011年11月23日、北海道でも獅子が好き代表の青年が、旅立たれてしまいました。お墓には納骨されてはいません。応援ボードの彫刻があります。交流のあった仲間が、今でも訪れています。絆を結ぶ場所なんです。 #seibulions pic.twitter.com/L33Zkor9z1

周りの◯◯家の墓段々なくなってるの、山の中のお墓より納骨堂等気軽にお参り行けるようにされたんだろうなぁ。うちの父も体壊しそうから久しぶりの墓参りでキツそうだった。

パパ帰ってしまった〜 次会えるの納骨の日か〜 ママのお墓まいりは来られへんって…😭 妻よりお母さん??って思っちゃうけどそこんとこどーなんやろ 去年から?来てないな〜 なんか悲しいな… 今日はおばあちゃんのお葬式やったけど色々考えてたら悲しくなったな〜 気分転換にお出かけしよっと

...月15日)には都心を中心とした首都圏や九州北部などを中心にお盆参りという風習があります。お墓参りではなく、僧侶が各家庭へ行って読経をいたします。  光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 納骨堂)の門信徒の方々の4割強は東京・神奈川を中心とした首都圏にありますので、僧侶スタッフが各家庭にお参りに伺います。そこで以前、こういった話をお伺いしました。  その方は以前は一軒家にお...

返信先:@3104bluesky3104 → こちら今日は父の命日でお休み取ってました〜 先日の納骨後、初めてのお墓参りへ。そのあとは母と妹と3人で、ランチしながら例のごとく喋くってきました( ̄∀ ̄*) アラシゴトお休みの水曜日。 崖も気になるところだけど、お互いゆる夜いたしましょうー☆

【喪主とは?】 人が亡くなって、葬儀が行われる場合、その葬儀を主催する遺族の代表を喪主(もしゅ)といいます。つまり、亡くなった人の供養を、責任をもって行う立場にあります。ですから、喪主は葬儀だけでなく、お墓の建立、納骨、その後の諸法要なども責任をもってとり行います。

宝寿)私が幼い時に住んでた近所にお寺が有りました。私はお墓に行ったり、納骨に行っては亡くなっている人と話しをしていました。夜まで話しをしては帰っていました。 #占い

Twitter hoojyu__ 宝寿(ほうじゅ)

返信 リツイート 昨日 16:51

早朝に実家の墓参りに行くかなあ。山の中腹にあるから登るのがね😅お墓納骨堂タイプでデカいので(弟が自分で工事したw)焼酎をお供えがてら保管庫にしています🐷👍