ロッカー式の納骨堂とは

ロッカー式の納骨堂とは

ロッカー式の納骨堂とは ロッカー式の納骨堂は、都会などで墓地のための土地が確保できない場合に活用することができます。1つ1つのスペースは小さいですが、参拝してお参りするには十分なスペースですし、墓所を購入するよりも安価で実現するため低予算でお墓を持つことができるのです。
またロッカー式の納骨堂は建物の中にあるため、天候を問わず参拝することができます。外にある墓所と比べても雨天や寒い時期など季節や天候関係なく、いつでも気軽にお参りしやすいです。建物内のロッカーを納骨堂として利用するだけですので、草抜きもしなくていいですしメンテナンス自体もほとんど不要です。
そして多くのロッカー式納骨堂は、墓所と比べても交通の便の良い立地にあるため、最寄り駅から徒歩圏内など交通の便が良いのです。建物内部もバリアフリー設計になっているのが一般的ですので、車椅子や足の不自由なお年寄りでも安心してお参りできます。トイレや休憩所、売店も1つの建物に収まっていますので、急な参拝でも安心して出かけられるのです。

機械式納骨堂のシステム

機械式納骨堂のシステム 近年では、亡くなった後のお骨を安置する場所にも選択肢が増えています。その一つに「納骨堂」があげられますが、これにもいくつかのタイプがありますからみていきましょう。現在提案されている「納骨堂」の種類としましては、永代供養塔の中に遺骨を安置するタイプや、施設の中に設置された仏壇式になっているもの、ロッカー型や機械式などがあります。
ここでは機械式納骨堂のシステムに注目してみますが、屋内に専用の参拝できるスペースが設けられていて、その裏には大人数分の遺骨が個別に収容できる場所があり、契約して渡される専用のカードを機械に読み込ませタッチパネルで操作をすることで、個別に安置されていたお骨が参拝するところまで自動で移ってくるシステムとなっています。お参りするスペースをしっかりと設けて綺麗に管理されていますし、立地的にも訪れやすい環境に配慮したところに施設がありますから機械式納骨堂という選択肢もおすすめしたいものです。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 お参り 」
に関連するツイート
Twitter

樹木葬の場合、お参りや遺骨は? 知らない人と納骨される?【50代のお悩み・お墓について】 ift.tt/2Ds2QLh

樹木葬の場合、お参りや遺骨は? 知らない人と納骨される?【50代のお悩み・お墓について】 樹木葬の場合、お参りや遺骨は? 知らない人と納骨される?【50代のお悩み・お墓について】 eclat.hpplus.jp/article/25716

RT @suTHMoOlZn5Ckr9: リン君が 26日で 虹の橋を渡って 3ヶ月 早いですね😱 月日の過ぎるのは✨ 今も リビングに置いてある 仏壇に 納骨 出来ずいますが 共同墓地に お参りして来ました https://t.co…

Twitterらんたん💗優しさをありがとう💗@kikichan_3550

返信 リツイート 昨日 18:16

返信先:@hemuho へむほさん、こんにちはー☁ 又台風が来るとか来ないとか。 宗派や地域により、納骨の時期がまちまちですよね、 実家は四十九日をつとめた後に、うちは3回忌の後ぐらいに。 墓守りね、ご主人は長男さん?それによるわね。 遠いとお参りも大変やけど、墓終い、移転も大変やし

気付いたら涙がぶわ〜出て咄嗟に母に電話して、大声で泣きながら見た夢の話したら、昨日実家に帰ってきてた姉と母でおばあちゃんが眠ってる納骨堂にお参りに行った、東京にいる私が来れなかったのを心配して夢でお話しにきたんやないかって言われて、涙が止まらん。おばあちゃんごめんね、ありがとう。

日、月の連休は私にとって休日の実感がなかった💔 お彼岸なので実家の納骨堂にお参りに行くと地震の影響で仏壇の中の仏具が散乱してた。幸い破損した物はなかった。 さて、今週も頑張って次の日、月の休みはトシちゃんのライブに向けて心の準備しなきゃ💕(〃∀〃)

今日、納骨お参りがあるんやが・・・ 雨がちょっとしんどいな。

まだ近くに居てくれるのかなって思ったら嬉しくて。本当に数馬と離れたくなかった。まだまだずっと一緒だと思ってたから。 ここの葬儀場は晴美の時も利用させてもらってて、納骨してお参りに行ったら晴美と同じ茶トラの猫が来てくれて泣いたの思い出した。

来月、父親の三回忌で、妻と2人で京都の本願寺大谷本廟にお参りに行きます。 ウチは一人娘なので、和歌山の墓を大谷本廟に改葬しました。 祖父母、父母の分骨した喉仏は、従来通り、大谷本廟の納骨堂に納骨していますが、それ以外のお骨は合祀しました。 寂しさもありましたが、仕方ないですね。

リン君が 26日で 虹の橋を渡って 3ヶ月 早いですね😱 月日の過ぎるのは✨ 今も リビングに置いてある 仏壇に 納骨 出来ずいますが 共同墓地に お参りして来ました pic.twitter.com/DsgFYDYFj9