気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

合葬式納骨堂の特徴

合葬式納骨堂の特徴 合葬式の納骨堂では、遺骨を永代供養塔の中の棚に安置するという特徴があります。
遺骨を骨壷のまま安置する場合もあり、寺院によって異なります。
納骨堂には、壇の種類によって仏壇式やロッカー式、機械式、位牌式などに分類されますが、合葬式はもっとも安価な納骨堂です。
そのため、なるべく費用を抑えたい人に需要があります。
ただし注意点として、合祀した場合は改葬を行うことができなくなります。
遺骨を別のお墓に移すことを改葬と呼びますが、合葬式の場合、遺骨は他の遺骨と一緒に供養されるため、後で骨を引き取ることはできません。
その他、お供え物の食べ物は、一定期間を過ぎたら持ち帰るマナーになっています。
お線香の持ち込みは自由に行えます。
またお参りの際の服装は自由なので、普段着でお参りしても差し支えありません。
しかし細かい点は寺院によって異なるため、気になることがある場合には、納骨堂の管理事務所に問い合わせると良いです。

合葬式納骨堂が向いている人とは?

合葬式納骨堂が向いている人とは? 最近は少子化の問題とともなって高齢化社会の問題もあり、墓じまいする方も多くなってきています。
そのため永代供養をしてくれる合葬式納骨堂の人気も高まっています。
合葬式納骨堂に向いている人とは、地方にお墓はあるけれど今住んでいるところが長くなり、田舎に帰る予定もないので、墓じまいをしてご先祖様と一緒に合葬式にしたい方、子供がいないのでお墓を建ててもすぐに無縁墓になってしまうため夫婦そろって一緒にとお考えの方、経済的にお墓を建てるのは難しいかた、墓守をしてくれる子供がいない、もしくは子供はいるけれど嫁に行っていて墓守を頼めない方、あるいは墓守の負担を子供に掛けたくない方などです。
一口に合葬式納骨堂といっても寺院によってさまざまなプランがありますので、生前から調べておき、あらかじめ御住職などとお話しをよくしておくと、安心です。
また、このような形式の場合は宗派を問わず永代供養してくださるところがほとんですので、こちらも安心です。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

泡盛を納骨堂の果物お下がりをサンガリアにしたろ。そうしよ。

大阪御朱印巡りその③一心寺。思い切った仁王像に迎えられて、、、なんか現代アート美術館の様相(笑)本堂は改修中で、納骨堂とかの建築デザインがなにやら可愛い。丸っぽい屋根とか。 pic.twitter.com/5DQV9QnhtW

嬉しすぎて思わずスクショ撮っちまった捕まらない?門外不出禁固70年バックアップとって永久保存の他の思い出も詰まったUSBメモリ両手握りしめて墓場まで持って行くいや、待てよ。うちは納骨堂だ。場合によっちゃ壺に入れてもらえないのでは!!!嬉しすぎて考え方クレイジーになってる!落ち着フェッ

返信先:@nekojirushi300 カプチン会とか遺体の保存が芸風なんて修道会もあるみたいですね。ローマのここもだし有名なロザリア・ロンバルドのミイラも本修道会の納骨堂にあるそうで。

納骨堂、英会話、全身脱毛、エウリアン、東北マラソン、携帯学割、難病就労支援奨励金、育毛剤、不動産、清酒、国内クリスマスイベント、化粧品。地下鉄車内広告。

今日は主人が不慮の事故で亡くなって丸20年。娘と二人でお寺、墓参りに行った。付き合いの長い知人から連絡あって、納骨堂は記帳制になってて、早い時間に行ったんですねと。20年経っても覚えてて墓参りしてくれた事に感動した。

返信先:@brimstone_0360 私も娘が二人だけど結婚したら相手のお墓に入るだろうし自分一人なら納骨堂に入れて貰った方がいいかなと思っていましたが。海に散骨してもらってもいいかな?って思ってます。

Twitterエディちゃん。今日も明日もエディちゃん。@edeityan

返信 リツイート 昨日 21:35

返信先:@brimstone_0360他1人 私は自分が死んだら私に洗礼を授けてくれた牧師に葬儀をしてもらおう。と思っていたのにその牧師は他の教会に。で新しく来た牧師はサイコパスで教会に行くのを辞めてしまったので、教会の納骨堂に入れてもらう予定が狂ってしまってうっかり死ねない(´;ω;`)

Twitterエディちゃん。今日も明日もエディちゃん。@edeityan

返信 リツイート2 昨日 21:19

納骨堂:この間、留々が手代木を壁ドンして「女性とはこういうもので喜ぶらしいのだよ。理解しかねるのだが」と言ったら壁ドンされた手代木がに頬染めてオロオロし出して、予想外の反応に留々もポカンとしてて、見ているこっちもどうしたらいいのか分からない。

まだピチピチなのに死んだら灰を海に撒いてもらうか納骨堂に納めてもらうか悩んどる