気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

墓地から納骨堂へ改葬することはできる?

墓地から納骨堂へ改葬することはできる?

改葬とは、一度収められた遺骨を他の場所へと移すことを言います。お墓を守る方がいない場合や遠方のため、なかなかお墓参りを出来ない方が多く利用する傾向にあります。
手続きの手順にはまず、引っ越したい納骨堂と契約して使用する権利を得て現在のお墓のある寺院に改装をする旨をお話します。
移転の了解を得た後は、お布施として離檀料が必要になる場合もありますので事前に確認が必要です。
その後、契約した納骨堂から受入証明書を発行してもらい、現在お墓のある住所を管理する市町村の役所から改葬許可申請書を受け取って記入します。
この改葬許可申請書には移設前のお墓の管理者にも記入してもらう箇所があります。この二つの書類を役所へと提出し許可証が発行されましたらお墓の管理者へと提示して遺骨を引き取ります。
遺骨の引き取りに際には御魂抜きの法要を行う必要がありますので、住職にお経を読んでもらい供養をしてもらいます。
また、移転後は開眼法要という魂入れを執り行い、それが済みましたら納骨が完了となります。

納骨堂へ参拝する際に予約は必要?

納骨堂へ参拝する際に予約は必要? 納骨堂へ参拝する際に基本的に予約は特に必要ありません。納骨堂とは骨壺に入れたご遺骨を安置しておく場所や建物を指し、納骨殿、霊堂などとも呼ばれます。
ロッカー式や棚式、仏壇式、御墓式などと形態も色々ありで、さらに寺院、公営、民営など管理している会社などもさまざまです。
納骨堂が屋内にある場合は、防犯上の理由から夜は閉門されている事が多いので、あらかじめ開門閉門の時間を問い合わせておくと安心です。
服装も特に決まった物はなく、近くに用事があったからと気軽にお参りすると故人も喜ばれることでしょう。
持ち物も決まった物はありませんが、故人の好きだった物などを携えていくと喜ばれるでしょう。
経営形態によっては管理上の理由で造花はいいけれど生花はご遠慮くださいという所もありますので、詳細は納骨堂を管理している方に聞いておきましょう。
お盆やお彼岸などは混み合いますのでゆっくりとお参りしたい方はその時期を外すのがお薦めです。
またどの時間帯が空いているかということもあらかじめ聞いておく静かに心置きなくお参りすることが出来ます。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 予約」
に関連するツイート
Twitter